復縁におけるタブー

復縁を真剣に考えるのであれば、ここで紹介する「3つのタブー」には注意するようにして下さい。

 

どれも思わずやりがちなことですので、「やってはいけないこと」としっかり認識することが大切です。

 

タブー1:未練がましくすること
まず、復縁をするのであれば、何よりも相手に対して未練がましい態度を取らないことです。別れは別れとして受け止め、二人の関係が変わったことを認めることが重要です。

 

「自分が未練がましくすると、相手の負担になってしまうかも」と考えるようにして下さい。決して「自分が好きと言い続ければ、また付き合ってもらえるかも」と考えてはいけません。

 

タブー2:お付き合いの延長気分でいること
また、お付き合いの延長線上のような恋人気分で相手に接してはいけません。まずは、相手にあなたの新しい魅力を知ってもらうという心構えの方が、相手も新鮮な気持ちであなたに興味を持つようになります。相手の気持ちが落ち着くまでは、自分を磨くことに専念する方が結果的に上手くいきます。

 

タブー3:彼に復縁を迫ること
そして最後にやって欲しくないのは、すぐに相手に復縁を迫ることです。

 

どうしても、別れた事実を受け入れられずに「いずれよりを戻せるだろう」と考えたくなるものです。そういう気持ちがあると、どうしてもさりげなく復縁を迫ってしまうようになります。

 

そうではなく、過去の付き合い方を反省し、自分が相手にとってどういう存在であったか、どんな負担を与えてしまったか、今後はどうやって改善するのかをしっかり考え、それから復縁しようと考えるのが正しい流れになります。